【新刊発売のお知らせ】 武漢肺炎:新型コロナウイルスパンデミック

 

武漢肺炎の危機が叫ばれていた中、昨年一月に支那人を大量に国内に呼び込み、日本中に武漢肺炎を巻き散らした張本人、安倍晋三率いる自民党そして公明党の与党連合、さらに本来なそれを止めるべき野党は一様に「モリカケガー」「サクラガー」と喚くだけ…無為無策の我が国において感染爆発が起きたのも当然といえる結末でした。

 

令和二年から現在までの動きについて、改めて皆様に知ってもらうべく、書下ろしとなりました一冊です。政治の世界で誰も声を上げない中、独り孤軍奮闘してきた桜井誠の武漢肺炎をめぐる戦いの記録です。あの時、何が起こり、その後、政治家は何をしてきたのか?是非、皆様ご購読下さい。

 

書籍は電子媒体(kindle)でお読み頂けます。

https://www.amazon.co.jp/dp/B09JK7Y5C5/ref=cm_sw_s_fa_dp_VBX0915DH5M1ZRDP46T2