桜井誠 2018/02/07

米国に行って強く感じたことは、はっきりと主張出来なかったこれまでの日本の在り方です。桜井が米国で主張するまでパンパンガール問題も、米国製日本国憲法の問題も誰も取り上げていないという余りにもお粗末な有様に愕然とする思いです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone