桜井誠 2018/02/11

平昌五輪会場近くに建てられた銅像、通称「モルゲッソヨ」が米軍兵士によるイラク軍兵士への性的虐待などで世界的に話題となった「アブグレイブ刑務所」の被害者をモチーフ(パクった?)に作られたものであることが判明しました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone