桜井誠 2018/02/13

フィリピンを走る鉄道MRT-3は韓国の企業連合の保守点検で運営されていますが故障が多く、また運用速度も低下するという悲惨な事態に。日本が円借款300億円を用いることが決まり、韓国から日本へ鉄道の保守点検が移ることに多くの人たちが安堵しているとか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone